今田美桜、幼少期の写真を公開 「整形疑惑たてたの誰やねん」とファン激怒

今田美桜が24日放送の『おしゃれイズム』に出演。インターネット上では、その美貌を絶賛する声が相次いでいる。

今田美桜

菅田将暉主演で反響を呼んだドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)にも出演していた女優、今田美桜が24日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演。インターネット上では、その美貌を絶賛する声が相次いでいる。


 

■漢字の読み間違えが多い

『福岡で一番かわいい女のコ』のキャッチフレーズでブレイクを果たした今田。番組MCの上田晋也も番組冒頭から、そのかわいさを絶賛。彼女の小顔ぶりについて、「いつも顔面のデカい相方引っさげてるから、特に小さく感じるわ」と話し、笑いを誘った。

プライベートで親交のある女優、岡崎紗絵によると、漢字の読み間違いが多いという今田。ある番組でくす玉を割ったときに、「祝(しゅく)100年記念大会」を「いわ100年記念大会」と読んだときは恥ずかしかったと明かした。


 

■今田家のひな祭り文化

番組では、今田の幼少期を写真で紹介。小学生の頃、勉強は嫌いで、中でも理数系の科目が苦手だったという。すると、上田は「どっちかっていうと文系? でも、『いわ』って読んでるくらいだからな」と、ツッコミを入れた。

また、7歳のひな祭りのときの写真が紹介されると、今田家では、ちらし寿司でお雛様とお内裏様を作る文化があったと話す。そして、上京してからもそれを続けていると語り、共演者たちをほっこりとさせた。

次ページ
■今田のかわいさに視聴者悶絶

あなたにオススメ