鈴木奈々、坂口杏里に放ったシビアな言葉に騒然 「そうは言っても…」

坂口杏里が、およそ5年ぶりにテレビ出演を果たしたことを受けて、かつてのライバル・鈴木奈々のコメントに注目が集まった

鈴木奈々

22日に放送された『今夜解禁! ザ・因縁』(フジテレビ系)にて、坂口杏里が5年ぶりにテレビ出演を果たした。

金銭トラブルなどでどん底を味わった彼女に、タレント・鈴木奈々が発したコメントが話題になっている。



 

■かつてはライバルだった2人

しらべぇでも既報のとおり、美川憲一からの説教を受け、改めて芸能界への復帰を固く誓った坂口。

VTRを見た有田哲平から「奈々ちゃん(杏里ちゃんと)仲良かったよね?」と問われると、鈴木は「杏里ちゃんとは同じ時期にバラエティに出たんですよ」と、かつてはライバルだったことを告白。

続けて「いつも一緒に杏里ちゃんと共演していたので、もう一度仕事がしたいですね」と、コメントした。


関連記事:坂口杏里、美川憲一の「芸能界辞めたほうがいい」説教に涙 元カレ小峠についても暴露

 

■鈴木の出演本数は300本超

その後、元なでしこ・丸山桂里奈から「因縁の相手」として名指しされた鈴木。

丸山にとって鈴木は「芸能界での憧れの先輩」のようだが、そんな鈴木が別の番組で「丸山桂里奈さんのせいで仕事が減った」などと発言していたことが大変ショックだったという。

しかし、昨年の番組出演本数を比較してみると、丸山が222本だったのに対し、鈴木は302本。「面白いことを言わなきゃと思って…」と鈴木が当時の正直な気持ちを話すと、丸山も「直接話ができて良かった」と納得したようだった。

次ページ
■坂口への言葉に「そうは言っても…」