関ジャニ∞の現在に「渋谷すばるが脱退して良かった」の声が上がる理由

『関ジャム 完全燃SHOW』で、関ジャニ∞の丸山隆平と安田章大の2人が『星になれたら』を熱唱した。

ジャニーズ事務所

24日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、関ジャニ∞の丸山隆平、安田章大の2人がMr.Childrenの『星になれたら』を熱唱。その歌唱力の高さに、視聴者から驚きの声が上がっている。


 

■上京ソングをベスト10で特集

番組では今回、「グッとくる! 上京ソング」をベスト10のランキング形式で特集。作詞家・歌詞プロデューサーのいしわたり淳治氏、音楽プロデューサーの寺岡呼人氏が名曲の解説を行った。

番組冒頭では、出演者たちが上京について、それぞれの想いを語る。そんな中、全員が関西出身で上京に特別な思い入れを持つ関ジャニ∞のメンバーたちとは対照的に、この日ゲストで来ていた土屋太鳳は東京出身。

「上京するって気持ちは分からないんですけど、新しい環境に入るって気持ちは理解ができるので」と話すと、村上信五は「ありがとう。すり寄ろうとしてくれてるんやね」と満面の笑みをのぞかせた。


 

■曲が完成するまでの経緯

第9位にランクインした『星になれたら』の作曲に関わった寺岡氏は、「まだデビューも何も決まっていない桜井と2人で僕の家で作りました」と、番組の事前アンケートで当時を回顧。曲ができるまでの経緯を明かした。

番組恒例のセッションでは、丸山がボーカル、安田がボーカル・ギター、横山裕がパーカッションを担当。同曲を寺岡氏と演奏した。

次ページ
■2人の歌唱力に絶賛の声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ