少年院上がりのアイドル、戦慄かなの 生放送出演に視聴者「ハラハラする」

少年院上がりのアイドル、戦慄かなのが『バラいろダンディ』に出演。視聴者から「ハラハラする」などの声が上がっている。

エンタメ

2019/03/27 19:40

戦慄かなの
(画像は戦慄かなのTwitterのスクリーンショット)

少年院上がりのアイドル、戦慄かなのが、26日放送の情報番組『オトナの夜のワイドショー! バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した。

インターネット上では、番組視聴者から「ハラハラする」などの声が上がっている。



 

■「レズ差別」とツイッターが炎上

番組では、ツイッターで炎上した戦慄のツイートをいくつか紹介。彼女自身がそのツイートをするまでの経緯を解説した。その中の一つがこのツイート。

女子高生から「付き合ってほしい」とDMが来たことに苦言を呈すると、「レズ差別」とツイッターが炎上したそうだ。


関連記事:少年院上がりアイドル・戦慄かなの、執拗なストーカーに「気がおかしくなりそう」

 

■内山信二が助言するも…

しかし、戦慄にそうした意図は一切なかったそうで、「レズの人の批判をしてるわけではなくって、炎上するのはお門違いだと思う」と話した。

戦慄の炎上について、内山信二は「主張は間違っていない。書き方がマズいというか、言い方がキツいのかなって思う」と優しく指摘。「感情的になっちゃう」という彼女に理解を示しながら、「柔らかく書けばいい」と助言した。

それに対し、戦慄が「なんでですか? 物腰を柔らかくしないといけないんですか?」と反論すると、内山は「それが芸能界だから。我々の腰はグニャグニャですから」と笑いを誘った。

次ページ
■視聴者からは絶賛の声