高橋真麻、「不幸に見られたい」ネガティブ気質を明かす 二世タレントの苦悩も

フリーアナウンサーの高橋真麻が、これまで自虐やネガティブな発言をしていた理由を明かし、あることをきっかけに今後「ハッピーを発信していく」と宣言した

エンタメ

2019/03/28 07:30

高橋真麻

フリーアナウンサーの高橋真麻が、これまで自虐やネガティブな発言をしていた理由を明かし、あることをきっかけに今後「ハッピーを発信していく」と宣言した。


 

■二世タレントの苦悩も…

27日、「ポジティブ宣言」とエントリーし、ブログを更新した高橋。いつもハキハキと話し明るいキャラクターのせいか、ポジティブに見られがちだというが「実は割りとネガティブ気質で」と書き出した。

さらに、俳優の高橋英樹の娘ということもあり「何不自由なく、幸せに育ってきたんでしょう? と見られがちだったので そんなことない! いい事と同じ様に大変なことも沢山あった! 幸せなことばかりじゃないのに!! という気持ちがあった」に二世タレントならではの悩みを抱えていたことを明かした。


関連記事:高橋愛、妹とのツーショット公開 「かわいすぎる」とファン大興奮

 

■ウクレレ少年に感銘

そういった経緯から高橋は、周囲への反動のほか「ハッピー&ポジティブを出し過ぎると妬まれたり、ひがまれたりするのではないか」との思いから「人から不幸に見られたい 自分の不幸な部分を見て欲しい」と自虐ネタやネガティブ発言を度々していたそうだ。

しかし、26日に曜日コメンテーターとして出演する『スッキリ!』(日本テレビ系)で特集した「ナニワの天才ウクレレ少年」の近藤利樹くんの前向きな姿に感銘を受けたようで「もうネガティブはやめよう!」と決意したことを報告した。


■「主人は私がベタベタすると…」

最後に高橋は「ハッピーを発信することでハッピーになってくれる人が増えるほうが健全だし、最高」と、考えを改め「これからはハッピーを発信していきたいと思います」と宣言した。

そしてさっそく、夫にもたれかかった「ハッピー」な写真を投稿したが「主人は私がベタベタすると超絶嫌がっています…(笑)」と幸せそうに自虐的コメントで締めた。

・合わせて読みたい→高橋真麻、新婚生活をのろけまくり 「大好きな人に毎日会えるって嬉しい」

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳


あなたにオススメ