喜び最高潮の「人生のピーク」を有吉・マツコが考察 「あれ以上の喜びはない」のは…

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で「人生のピーク」についてマツコ・デラックスと有吉弘行が熱弁…

エンタメ

2019/03/28 15:30

有吉弘行

27日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、「人生の喜びのピーク」についてマツコ・デラックスと有吉弘行が考察。2人が導きだした答えに賛否が起きている。



 

■喜びMAX、人生のピークは…

「良い情報と悪い情報、どちらを信じるか?」との質問に、2人は「その時々。自分にとって都合がいい方を信じる」と回答。そこから「何を聞いても心がウキウキしない」と良い情報でも喜びを感じなくなったとマツコが明かす。

有吉は「この歳になるとMAXで嬉しいことって起こらない」と語ると、これにマツコも共感しながら「最後に嬉しかったのは、運転免許を取ったときかな」と過去を振り返った。

この主張に、有吉は「あれ以上の喜びはもうないでしょ」と賛同しつつ、「多くの人の喜びMAX、人生のピークは大学合格か入社」と分析、18歳~22歳という若い時期にピークが過ぎることに気がつき、2人で嘆いた。


関連記事:マツコ、有吉に憧れ嫉妬していた過去を明かす 「尊敬とジェラシー感じていた」

 

■自分たちはストッパー

マツコは、免許取得や大学入学が「若さで頑張って得られるものだからヤッターってなる」と、歳を重ねて喜びを感じづらくなった状況を解説。

さらに自分たちの「喜びのピークはもう終わってる」としながらも、「若い人たちは『そんなもんなんだ』って思わないでよ」と若者に向け熱弁する。

有吉も「僕らは最低限のストッパー。『あんな奴らもいるから俺のほうがマシ』って思って欲しい」と強調、「若者たちの未来を邪魔するつもりは毛頭ない」と2人で頭を下げた。

次ページ
■視聴者の反応は…