肉も魚介もウマくなる! 韓国式ごま油タレ『キルムジャン』が超絶美味

韓国好きはチャレンジ! ごま油と塩で作る『キルムジャン

グルメ

2019/03/29 10:30

刺身には醤油、焼肉にはタレか塩コショウが日本の食卓の定番だが、お隣の国・韓国ではどちらにも合うタレがいくつかある。

たとえば韓国みそ『サムジャン』もそんな定番ダレのひとつだが、さらに作り方が簡単でどんな食材にも合う『キルムジャン』というタレもあるぞ。


画像をもっと見る

 

■キルムジャンの材料

キルムジャンの材料はごま油と塩のみと、非常にシンプル。どちらもできるだけ美味しいものを使うのがコツだ。

作り方はごま油の中に塩を多めに入れれば出来上がり。誰でもできるし、その都度新しく作れるのも良いところだ。


関連記事:アメリカでは定番? 和食店でもよく見かける『ツナセサミステーキ』が激ウマ

 

■どんな食材にもベストマッチ

今回は焼いた鶏肉と茹でだこに使用。気になる味は…

鶏肉は安いものでもごま油の風味が臭みを消してくれ、後味が非常にまろやかになる。ピリ辛が好きな人は、少しだけコショウを入れてもいいだろう。

ゆでだこは元の味が繊細なので醤油だとかなり味が強くなってしまうが、キルムジャンの場合は塩分量を調節でき、ごま油の良い香りをプラスできるのでたこの美味しさをより引き立ててくれる。


■いつものタレにプラスしてみて

いつもの焼肉ダレや醤油もいいが、キルムジャンはどこの家庭にもあるごま油と塩が絶品のタレになるので、一度やってみることをオススメする。

韓国料理というと辛いイメージがあるが、キルムジャンはマイルドなので大人から子供も楽しめる。たくさん刺身を食べるときにタレのバリエーションが豊富だとさらに食卓が豊かになるので、ぜひ挑戦してほしい!

・合わせて読みたい→アメリカでは定番? 和食店でもよく見かける『ツナセサミステーキ』が激ウマ

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)