三田友梨佳アナ、『グッディ』卒業で号泣 安藤優子の言葉に「もらい泣きした」

『グッディ!』三田友梨佳アナウンサーが番組を卒業。涙を流す場面も…。

三田友梨佳
(写真提供:JP News)

フジテレビの三田友梨佳アナウンサー29日放送の『情報LIVE グッディ!』で番組を卒業し、涙する場面がみられた。



 

■番組の経験は「大きな財産」

同番組でおよそ4年間キャスターを務めた三田アナ。番組への感謝を話し、これまでを振り返る。

「このスタジオで平日の物事が一番動く時間帯、生放送2時間経験できたことが、私のアナウンサー人生において大きな財産となりました」と語り、共演者である安藤優子キャスターに「尊敬できる先輩から学ぶことができる喜びを毎日、噛み締めながら過ごしてまいりました」と感謝を伝えた。


関連記事:三田友梨佳アナ、『グッディ!』卒業に不安の声 「唯一の良心だったのに…」

 

■安藤優子キャスターも涙

すると、安藤キャスターは両手で顔を覆って「困った…ごめん」と涙。これを受け、三田アナも涙があふれる。

そして、安藤キャスターは「私から一言なんですが…」と切り出し、「三田さんはですね、いつもちっちゃい字でいっぱいのメモを作るんですね、番組前に。これは、自分が何か言うときのための準備ではなくて…私がすぐ忘れちゃうんですよ数字とか。その時に全部フォローするために細かな字でノートを作ってくれて、何かあるとすぐ助けてくれた」と三田アナに感謝した。

次ページ
■ネット上では感動の声