元SKE48中村優花さん、ミスキャンパスの頂点に 「自分を認められる」と成長明かす

ミスキャンパス、ミスターキャンパスグランプリが決定。ふたりの意外な特技も披露。

エンタメ

2019/03/30 07:30

中村優花、草地稜之

日本一の美女&イケメン大学生を決めるコンテスト『ミス・オブ・ミス・キャンパス・クイーン・コンテスト2019』『ミスター・オブ・ミスター・キャンパス・コンテスト2019』が28日に開催。

両コンテストで 元SKE48のメンバーで南山大学2年の中村優花さん、明治学院大学2年の草地稜之さんがグランプリに輝いた。


 

■「自分を認めてあげられるようになりました」

グランプリ発表で名前が呼ばれ、感極まって大粒の涙を流す中村さん。

中村優花

登壇し第一声に「応援してくださった皆さん…本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べる。

続けて、カラテカ・入江慎也が1年感の活動について尋ねると「出場の話をいただいた時は躊躇していました」と意外な返答をする彼女、「ミスコンという相対的な評価がすごく怖くて、何も残せないと思っていた」と正直な思いを吐露。

しかし、支えてくれる人たちとの活動を経て「結果ではなく過程を大切にしていこうというと思い、自信のなかった自分を少しずつ認めてあげられるようになりました」と成長したと、言葉をかみしめながら明かす。隣の入江も大きく頷いていた。

カラテカ 入江


関連記事:「面食い」を自覚している人の割合は… 意外な世代が異性の容姿にこだわることが判明

 

■家族への感謝も

ミスコンの活動の一環として、「showroom」の配信の審査があったという。

中村優花

朝早くから夜遅くまで配信するようで「朝早い時は起こしてって母親にアラームをお願いしてました」と協力しながら挑んでいたことを明かし、早く吉報を伝えたいと胸を躍らせていた。

また趣味が朗読だという彼女、毎晩絵本お読み聞かせの配信をしていたそう。これはアナウンサーを志望していることとも繋がっているのだとか。


■モノマネ披露も

一方、ミスターキャンパスに選ばれた草地さんは、名前を呼ばれた時の感想を求められ「ここまで応援してくれた皆さんの期待に応えられたのが嬉しかったです」と笑顔を浮かべる。

草地稜之

またイベント後の取材では特技のモノマネを取材陣の前で次々と披露。プーさんの「はちみつたたべた〜い」、藤原竜也の「どいつもこいつも狂ってやがる!!」と緩急のあるモノマネで笑いを取る草地さん。そんな気さくなキャラクターを持つ彼は、俳優志望で憧れは竹内涼真なんだとか。ふたりの今後の活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→高1ミスコングランプリの現役女子高生・吉田莉桜 『少年サンデー』で貴重な水着ショット

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/KEN)

この記事の画像(8枚)