吉田豪氏、「AKSと秋元康氏は関係がない」と発言 出演者は「納得できない」と反論

テレビ・ラジオなどが次々終了しているNGT48。その問題を議論したが…

エンタメ

2019/03/31 15:00

 

■出演者は一様に違和感を口に

デーブ・スペクターはこの考えについて、

「でも生みの親で、その商法を作ったじゃないですか。1人1人のメンバーがCDなどの売上で選挙もやったりして。やっぱりそれを発案した人だから関係ないとは言い切れないと思うけどね」


と反論。西川史子も「それはおかしい」と話し、田中裕二も「それはちょっとね、納得できないですよね、一般の人はね」とコメント。吉田豪氏はこれについて反論などはせず、黙って頷くのみ。須田亜香里は秋元氏の対応については全く言及しなかった。


関連記事:吉田豪氏が語る「NGT48の裏側」がヤバすぎると騒然 「怖い…」「闇を感じる」

 

■ネット民からは不満の声

吉田豪氏の「秋元康氏はAKSの人ではない」という見方に、ネット民からは不満の声が。なかには「吉田豪は秋元康側の人間だった」と憤る人も。


■吉田豪氏はTwitterで見解

放送後、吉田豪氏は自身のTwitterで「自身がAKS側」とされていることを明確に否定。「AKS解体論者」であることや、打ち合わせで話していた内容がカットされたなど、内情をツイートした。


吉田豪氏は秋元康氏が「運営にタッチしていない自分は関係ないと考えているのでは」と語っただけであり、「AKS側の人間」とするのは少々無理があるのではないだろうか。


■秋元康氏の「ダンマリ」に違和感

デーブ・スペクターがいうように、世間がNGT48のプロデューサーとされる秋元康氏が「ダンマリ」を決め込んでいることに違和感を覚えている人は多い。

AKSは事態を収束させるどころか、会見を開く度に炎上を招いているのが現状。そろそろ秋元氏の出番であるような気もするが、吉田氏によると「運営にタッチしていない以上出ていくべきではない」と考えているようだ。

・合わせて読みたい→霜降り明星の敏腕美人マネージャーに拍手喝采 「めちゃくちゃ熱い」と感動相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治


あなたにオススメ