はなわ、GACKT新曲発表に「俺の歌やん!」と困惑 「何が起きたの?」と両ファン騒然

芸人のはなわが、ブログを更新。『翔んで埼玉』の主題歌を歌うGACKTを観て困惑している様子。

エンタメ

2019/04/01 19:40

はなわ
(画像ははなわ公式ブログのスクリーンショット)

ピン芸人のはなわが、1日、自身のブログを更新。友人から送られてきたというある動画を観て、「ただただ驚いている…」とその心境を綴った。


 

■「ヤバッ」と戸惑うはなわ

文頭、「はぁ?」と憤りをあらわにしたはなわは、「GACKTさんのこんな動画が友達から送られてきた 俺の歌やん!」とその内容を明らかにした。

添付された動画には、大ヒット中の映画『翔んで埼玉』の主題歌『埼玉県のうた』(作詞作曲:はなわ)を、GACKTがライブ会場のような場所で華麗に歌う様子が映されている。

加えて動画の冒頭には、「GACKT 49TH SINGLE発売決定」の文字が躍り、曲名も『FLYING砂炒魔(フライングサイタマ)』と完全に別名。

これを受けはなわは、「何のことか分からず、ただただ驚いている…。ヤバッ めちゃくちゃカッコいいじゃないですか こんなの出ちゃうと歌いづらいわ! 」と困惑している様子だった。


関連記事:GACKTが自分を激しく叱った出来事が話題 「かっこいい」「やば…」と称賛相次ぐ

 

■GACKT「曲作りに2年」

このブログが更新される以前、GACKTもツイッターを更新。同タイトルを掲げ「待望のニューシングル発売決定!!」と記し、

「曲作りに2年、レコーディングに3年、長かった…。 もはや回収不能」


と楽曲への「想い」を記した。しかしよく見ると、そこに書かれた価格は「87,800円(税抜)」。「はなわ」とも読めることから、ファンからは「そういうことか…」とエイプリルフールを思い出す声が相次いで上がった。

次ページ
■「どちらも味がある」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ