『君の名は。』を超える作品となるか? 7月公開『天気の子』への期待度を調査

ストーリーのみならず、高度な背景美術にも注目が集まっている新海誠監督。最新作は大ヒットとなるか?

ライフ

2019/04/02 10:30

天気の子
(kokoroyuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全世界の興行収益で3億5千万ドルを超えた新海誠監督の映画『君の名は。』の公開から3年。瀧くんと三葉の純愛に映画館で涙した人も多いはず。

そして今年7月、ついに待望の新作『天気の子』が公開されるが、果たしてどれほどの人が期待に胸を膨らませているのだろうか。


 

■1割以上が「期待している」

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の1,589名を対象に調査したところ、全体の12.0%が「『天気の子』に期待している」と回答した。

天気の子

現状では多い割合ではないが、まだそれほどプロモーションが展開されていない段階にもかかわらず、「新海作品」ということで根強いファンがいるようだ。また、男性は13.9%、女性は10.2%と、わずかに男性の支持が多い結果に。


 

■20代の期待度高まる

さらに、この調査結果を男女年代別で見てみると…

天気の子

男女ともに20代がもっとも「期待している」と回答した。しかし、全体的にやや支持率が低い傾向にある様子。公開はまだ先のため、まだ新作が公開されることを知らない人も多いのだろうか。


■主題歌も注目の的

新海作品といえば主題歌にも注目が集まっている。前作の『君の名は。』ではRADWIMPS、過去の代表作では山崎まさよし、秦基博など豪華なアーティストが主題歌を務めているだけあって、今回も目が離せない。ネットでは…

「天気の子の主題歌アーティストほんと気になる…発表待ち遠しい」


「音楽的にはやっぱり誰が主題歌を担当するかだよなぁ。もっかい秦基博とかどう?」


7月19日に公開予定だが、これからますます注目度が高くなりそうだ。

・合わせて読みたい→【間違い探し】新海誠監督が書店の『君の名は。』棚でとんでもない本を発見

(文/しらべぇ編集部・ほうき

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ