小屋から猫を盗んだ男、懐かないことに苛立ち 残酷な仕打ちに「同じ目に」と批判殺到

三重県鈴鹿市内の小屋から猫を連れ去った男が逮捕。防犯カメラには男が猫の首にひもを括る様子が映されていた。

社会

2019/04/02 19:00

ネコ
(画像はイメージです)

三重県内で保護されていた猫を盗んだとして、1日、窃盗の疑いで同県桑名市の男(54)が逮捕された。ネットからは男の非道な行為の数々に、怒りの声が相次いでいる。


 

■「懐かないので捨てた」

男は3月16日午後3時ごろ、鈴鹿市の30代女性が世話をしていた猫1匹を小屋から盗んだ容疑が持たれている。設置された防犯カメラには、男が暴れる猫の首にひもを括り連れ去る様子が映されていたという。

また別の日の映像には、この男が別の猫を蹴るなど虐待している姿も残されていた。男は「猫を飼いたかったが金がなかった」と容疑を認めていて、連れ去った猫については「懐かないので捨てた」と供述しているとのこと。

女性は取材に対し「本当にやったのなら、きちんと罰を受けて」と話しているそうだ。


関連記事:朝食にフレンチトーストを出したら夫の様子が豹変 「これ、昨日…」

 

■「虐待目的」と非難轟々

男の身勝手な行動に、ネットからは「傷つけないで」「完全に虐待目的」と怒りの声が相次いで上がっている。

「猫を飼いたい人がやる行動じゃないよね。完全に虐待目的じゃん」


「頼むから罪も無い動物を傷付けないでくれ! せっかくこの世に生まれてきた大切な生命を弄ばないで」


「この最低男。連れ去られた猫ちゃんが無事でありますように…」


■7割「動物虐待は厳罰化すべき」

しらべぇ編集部は全国の20代~60代の男女1,537名に「動物虐待やペットの廃棄を厳罰化すべきだと思うか」調査を実施。その結果、6割以上の人が現行法では軽すぎると考えていることが分かった。

「飼いたい」と願いながら、一方で「蹴る」などの乱暴な行為に及んだ男。生き物を虐待するという行為は、いかなる理由があっても許されない。連れ去られた猫が、一刻も早く無事に保護されることを願いたい。

・合わせて読みたい→中学時代に自分をいじめた女子へ復讐 壮絶な内容に「最高!」「人として最低」と賛否

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名 (有効回答数)

あなたにオススメ