自分だけ「付き合ってる」と思う痛すぎる勘違い 50代おじさんで続出か

自分としては恋人同士だと思っていたのに、相手はさらさらそんな気はなし…といった痛い経験をした割合は…

男女

2019/04/06 19:30

男女
(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人間関係には、勘違いが付き物。他愛のないものもあれば、誤解と知ったときのダメージが大きいものもある。もし、自分としては恋人同士だと思っていたのに、相手はまったくその気がなかったとしたら…どうだろうか?


 

■2割弱に経験あり

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,664名を対象に調査したところ、全体の17.5%が「自分だけが『付き合ってる』と思っていたことがある」と回答した。

自分だけ

かなり限られた割合ではあるが、男性が22.3%なのに対して女性は12.7%と、男性のほうが2倍近く勘違いしやすい傾向も判明した。思い当たる男性も少ないのではないだろうか。


 

■50代に勘違いおじさん続出?

この調査結果を男女年代別で分析してみると、興味深い傾向がわかった。

自分だけ

経験率は長く生きているほど高くなるのが一般的だが、それを差し引いても50代男性が27.1%と突出。バブル世代でもあり、女性に対しては積極的ながらも「空振り」が多かったのだろうか。

一方、女性は40代が17.5%ともっとも高く、50〜60代では1割を切る結果となった。


■北関東の人は勘違いしやすい?

この勘違い度は、地域別のバラつきも大きい。

自分だけ

全体の中で突出したのは、北関東3県の人たちで、30.2%が勘違い経験あり。首都圏が20.5%で続く。3大都市圏だけで比べると、「首都圏→東海→近畿」の順で、勘違い経験率が下がっていく。

本音でコミュニケーションすると言われる関西の人は、誤解が生じにくいのだろうか。また、もっとも低い四国は9.1%と1割を下回った。

・合わせて読みたい→付き合っていると思っていたのに勘違い? 体の関係があっても…

(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ