Jカップの新人・筧ジュンがデビュー 初めての撮影後に流した涙の理由とは

S1からJカップの新人、筧ジュンがデビュー。しらべぇ取材班はインタビューを行った。

筧ジュン

Jカップの新人、筧ジュンがS1からデビューした。キュートな容姿に抜群のスタイルを併せ持ち、レーベルの看板を担っていくであろうスターの逸材に、しらべぇ取材班はインタビューを行った。


 

■断る理由がなかった

筧ジュン

紗倉まなちゃんや明日花キララちゃんをはじめ、男女問わず高い支持を得る女優も少なくないAVの世界。

それだけ女性にも身近なものになったといえるかもしれないが、いざ自分がデビューする、というきっかけはどのようなものなのだろうか。

筧:今のマネージャーさんですね。彼ともともと知り合いで、私が18歳のときにグラビアとかAVとかいろいろ声かけてもらってたんですけど、そのときは全然興味がなくて。むしろそういう世界があんまり好きになれなくて、断りました。


でも、たまたま共通の知り合いを通して、久しぶりに再会したんですよ。そのときに初めて、この仕事のことを細かく聞いたんですよね。


この人なら信用できるし、お仕事として任せていいのかなって思うようになると、断る理由がなかったです(笑)


 

■撮影のあとに流した涙

最初は好きになれなかったけれど、仕事のことを理解して飛び込んだ。しかし、初めての撮影までには不安や緊張もあったという。

筧:一番最初の撮影のときは、前日から緊張と不安で眠れなくて。現場に行ってからも、「そんなに読まなくてもいいよ」って言われてた台本を擦り減るぐらいずっと見てました(笑)。


いざ始まると、緊張と「これでいいのかな?」っていうのがずっと入り交ざった気持ちのまま、気づいたら終わってて、ホッとして泣くっていう…。


喜び、悲しみ、感動…涙を流す感情はさまざまだが、その涙はどのような気持ちから来るものだったのだろうか。

筧:無事に終わったことにまず安心しました。この仕事を始めるって決めてからパーソナルジムに通って体づくりをしていたので、このためにやってきたことが報われたのかな、って思ったら嬉しくて。


泣いたら、周りにいる大人たちがざわざわとし出しましたけど(笑)。

次ページ
■プライベートとは全くの別物

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ