「人が刺された」動画を拡散した男女 その理由に「言葉もない」と怒りの声

8日、20代の会社員男女が書類送検され、その理由に怒りと呆れの声が相次いでいる。

話題

2019/04/08 18:20

ナイフ
(arturjakubowski1986/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

8日、20代の会社員の男女4人が警視庁に軽犯罪法違反の疑いで書類送検された。4人が容疑を掛けられた理由に「悪質すぎる」と怒りの声が相次いでいる。


 

■動画をツイッターに投稿

この事件は、3月頃にツイッター上に投稿された動画がきっかけ。「人が暗闇に倒れている様子」を捉えた動画で、投稿は「刃物で刺されたみたいです。犯人はまだ捕まっていません」などと危機を訴える趣旨のものだった。

その後、通報により警察官が駆けつけ現場を確認したものの、人が刺されたような痕跡はなかったという。というのもこの動画は「嘘」であり、そもそも刺された人はいなかったのだ。


関連記事:路上ライブで女性から買ったCDを踏み潰した男が炎上 真矢ミキの皮肉に共感の声

 

■動機は「目立ちたかった」

今回の騒動は遊びや冗談の範疇を超えたものであり、現に警察が出動する事態にまで発展した。そのような行動を起こした理由だが、彼らは警察に対し「ネットで炎上させるために遊び半分でやった」「目立ちたくてやった」などと供述しているという。

実際「この動画を拡散してください」とも投稿しているあたり、より多くの人に届けようと画策していたことも伺える。

次ページ
■「かなり悪質」と怒り

あなたにオススメ