新海誠監督、RADWIMPS野田への想い明かす 『君の名は。』で生まれた絆に感動の声

『君の名は。』の新海誠監督が新作映画『天気の子』の裏側を明かす。脚本が完成したとき、最初に見せたいと思ったのがRADWIMPS野田洋次郎だったという。

エンタメ

2019/04/10 13:00

天気の子
(kokoroyuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

10日、新海誠監督の新作映画『天気の子』の音楽を、RADWIMPSが担当することが判明。『君の名は。』以来のタッグに喜びの声が出る一方、新海監督が明かしたエピソードに注目が集まっている。


 

■新海監督、脚本を野田洋次郎に

この日、『天気の子』特報映像が公開。RADWIMPSには監督自身が依頼したといい、その理由を「彼らとならば『君の名は。』でやったことも踏まえたうえで、もっと深いところまで観客と一緒に行けるのではと考えたから」と明かす。

しかし、「でもそういう理由とは別にして」と続けた新海監督は、「僕は『天気の子』の脚本を書き上げた時にそれを誰かに読んでほしくて、その「誰か」を考えた時に最初に浮かんだのが洋次郎さんだったのです」と、RADWIMPSのフロントマンで作詞作曲を手がける野田の名前をあげる。

本来、音楽家である野田に、脚本を見せたいと思う。クリエイターとしての尊敬、信頼を感じさせるエピソードだ。


関連記事:はなわ、GACKT新曲発表に「俺の歌やん!」と困惑 「何が起きたの?」と両ファン騒然

 

■「素敵なお話」

この経緯に対し、ネット上では「素敵なお話」と称賛の声が相次ぐことに。

「そんな経緯があったんですね。素敵なお話ありがとうございます。私も空、雨、虹、雲を思い浮かべる時、洋次郎さんの作った曲も一緒に思い出すことがよくあります」


「辿り着く日、公開日を楽しみにしています。新海さんの映像に洋次郎の歌声をイメージしながらその時を待ちます」


「新海監督の真っ直ぐに届けてくださるお言葉たちは、作品にも表れているような気がします」


「予告だけでも絵の美しさが凄まじいです!! あと洋次郎さんはいつ寝てるんだ? というくらい曲を作っている気がします……」


「いつかまたタッグを組めたら…とあの時話していたことが、こんなにすぐに叶うとは思いませんでした。けれど監督やRADやスタッフの皆さんにとって、とても長くたくさんの時間を過ごされたのですね」

次ページ
■1割以上が「期待している」

あなたにオススメ