睡眠中の女性を縛って金奪った男 去り際の一言に「ふざけるな」と非難殺到

茨城県笠間市内の住宅に2人組の男が押し入り、寝ている女性を縛り現金を奪って逃走するという事件が発生。

社会

2019/04/10 18:40

強盗
(Stockbyte/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

10日、茨城県笠間市内の住宅に2人組の男が押し入り、寝ていた女性を縛った挙句に現金を奪い逃走するという事件が発生。去り際に男が放った一言に、ネットからは批判の声が相次いでいる。


 

■「大丈夫ですか?」

同日午前0時半ごろ、同市来栖のパート従業員の女性(56)宅に男2人が窓ガラスを割って押し入り、粘着テープで女性の顔や両手を縛って、現金約16万円や携帯電話、バッグなどを奪い逃走。幸い女性にケガはなかったという。

男の1人は逃走直前、女性の口からテープを剥がし「大丈夫ですか?」などと声をかけたそうだ。女性は車が発進するような音を聞いていたといい、現在、逃走した男らの行方を追っているとのこと。


関連記事:家裁内で妻刺した男、犯行直後のある行動に戦慄 「意味がわからない…」

 

■「無駄な気遣い」と怒りの声

男らの卑劣な手口は言うまでもなく、この逃走間際の一言はネットで批判の対象に。「完全に無駄な気遣い」「大丈夫なわけないだろう!」と怒りの声が相次ぐ事態となった。

「情状酌量のために言ったのかな? そんなことで罪を免れられるわけがない」


「善人かもという意見があるが、そもそも緊縛強盗するような奴が善人なわけないだろ」


「そうか、いい奴なんだな…ってなるか! 一体何を考えてるんだ」


「いや大丈夫なわけないだろ! そんなに怖いなら最初から犯罪に手を染めるな」


■7人に1人「泥棒に入られたことある」

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,336名を対象に「泥棒に入られた経験」について調査したところ、およそ7人に1人が被害に遭っていることが判明した。

女性を縛り金品を強奪しておきながら、謎の気遣いを見せた男。逃走する頃になって罪悪感が芽生えたのだろうか…。いずれにせよ、女性に与えた恐怖は計り知れない。いち早く事件が解決することを願いたい。

・合わせて読みたい→「警察です」と言われドアを開けると… 夫婦を襲った悪夢に「許せない」と怒りの声

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ