『水曜日のダウンタウン』出演者が撮影時の状況つぶやき騒然 「当日行ったら…」

『水曜日のダウンタウン』の企画に出演した「武道の達人」が、撮影当時の状況を赤裸々にツイート。多くの反響が寄せられている

テレビカメラ
(artisteer/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

10日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、「武道の達人」たちの実力を検証する企画を放送。

番組放送後、出演者が撮影時の状況について明かすツイートを連投し、その内容が話題となっている。


 

■背後からの刺客に達人たちが完敗

話題となっているのは、「達人であっても背後からの気配を実際に感じることは不可能説」を検証する企画。

達人が商店街のアーケードを歩き、その間に通行人を装った10人の刺客が背後から「ハリセン」などで攻撃してくる。背後に迫る刺客の気配を感じ取り、攻撃を両手で防ぐことができればチャレンジ成功、というもの。

この企画に空手や合気道など武道を極めた3名の達人が挑戦するも、3名とも背後の気配を感じ取ることはできず、1人目の刺客にあっさりと攻撃を許してしまう結果となった。


 

■達人が撮影時の状況を吐露

この企画に達人として出演した武道家・真仙明氏は、放送後に自身のツイッターを更新。「水曜日のダウンタウンに出演させていただきましたが…」と切り出し、「いざ東京に行くと、本当に水ダウはガチだなと」とつぶやく。

続けて「前日まで具体的な内容どころか現場も知らされず、当日行ったら説明もそこそこに『はい、やってください』ということだった」と、やや大雑把な番組の対応や撮影時の状況について明かした。

次ページ
■真仙氏「水ダウはガチ」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ