NGT48、チーム廃止に疑問の声が殺到 「意味あるの?」「山口真帆が心配」

山口真帆への暴行事件をめぐって騒動が起こっていたNGT48がチーム廃止を発表。チームG副キャプテンだった山口のメンタルを心配する声があがっている。

山口真帆
(画像は山口真帆公式Instagramのスクリーンショット)

アイドルグループのNGT48が11日に公式サイトを更新。現在のチーム制度を取りやめることを発表した。


 

■現行チームは21日に最終公演

NGT48は公式サイトで「NGT48は現在のチーム制度を取りやめ、NGT48 1期生と研究生として再スタートを切ることに致しました。つきましては、各チームの千秋楽公演を下記の日程にて行います」と報告。

今月21日に現行チームNIII、チームGが千秋楽公演を行うようだ。


関連記事:須田亜香里、山口真帆の帰宅時間を教えたNGT48メンバーに「アイドルの品格ない」と批判→称賛殺到

 

■チーム廃止に疑問の声

同グループといえば、チームGの副キャプテンを務めていた山口真帆への暴行事件をめぐって騒動が勃発。先月22日に開かれた第三者委員会報告書説明会では、山口が会見中にツイッターで異議を唱えるなどますます混乱する事態になっていた。

問題が解決されず、運営に対して不信感が募っている中で発表された今回のチーム廃止だが、ネット上ではチーム体制を見直すことよりも、山口の暴行事件騒動の解決が先との意見が相次いでいる。

「いや…まるごと解体しないと意味ないでしょ。っていうか山口真帆さんのケアは? どうなってんの?」


「運営は山口真帆さんと話し合ったんだろうか…チーム制度やめる意味ってあるの?」


「本当にNGTが再スタートするためには今回の事件に関わったメンバーを脱退させるなりしないと意味ないだろ…」


■山口のメンタル面を心配する声も

暴行事件が発覚した際、山口は自身のツイッターで「NGT48のことどうか嫌いにならないで下さい」「真面目に頑張ってるメンバーもたくさんいます。チームGのことよろしくお願いします」と思いをつづっていた。

さらに、騒動を受けて山口がファンに謝罪したことについても「『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」とチームを守るために謝罪したことを明かしていた。

そのため、今回のチーム廃止を受けて「『チームGを守りたい』と発言していた山口真帆さんが自分を責めてなければいいが」「山口さんへのダメージが心配」と山口のメンタル面を心配する声もあがっている。


「再スタート」というキーワードがツイッタートレンド入りするなど、大きな騒ぎに発展しそうな今回の発表。新生NGT48となったことで、ファンからの信頼を取り戻すことはできるだろうか。

・合わせて読みたい→須田亜香里、山口真帆を「悩みを抱え込みやすい子」と表現し物議 「運営擁護」と批判も

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ


あなたにオススメ