見て見ぬふりが大半なのに… 高収入層に揉め事の仲裁上手が多い理由とは

揉め事の仲裁に自信があるのは、高収入の人が多い。なぜ収入がいいと、仲直りさせられるのだろうか?

人間関係

2019/04/13 14:30

揉め事を仲裁するのが上手だと思う
(©ぱくたそ)

日常生活を送っていると、周囲で揉め事が起こることもある。できれば巻き込まれたくないが、放置できない場合もあるだろう。


画像をもっと見る

 

■多くの人は揉め事の仲裁が苦手

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「揉め事について」の調査を実施。

揉め事を仲裁するのが上手だと思うグラフ

「自分は揉め事を仲裁するのが上手だと思う」と答えた人は、全体で12.8%とわずかであった。


関連記事:12星座ランキング! 「自分は正義感が強い」と感じている星座とは?

 

■上司と後輩の仲裁に

性年代別では、30代男性が一番多くなっている。

揉め事を仲裁するのが上手だと思う性年代別グラフ

上と下に挟まれているうちに、仲裁がうまくなった人も。

「上司と後輩、それぞれから愚痴を聞かされている。愚痴に同調するのはよくないから話を聞くだけ聞いて、それぞれのいいところを少しだけ伝えるようにした。


そこから2人の距離が縮まった気がするので、効果はあったかなと思っている」(30代・男性)

次ページ
■揉め事に巻き込まれたくないので…

この記事の画像(4枚)