張本勲氏、巨人選手の危険スライディングを擁護し物議 「コリジョンルール不必要」とバッサリ

張本勲が選手同士の衝突を避ける「コリジョンルール」に苦言

スポーツ

2019/04/14 12:00

14日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が読売ジャイアンツ・ビヤヌエバ選手の危険スライディングを擁護し、選手同士の衝突を禁止する「コリジョンルール」について苦言を呈したことが物議を醸している。


 

■ビヤヌエバ選手が危険なスライディング

問題のシーンは9日の中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ戦。1アウト1塁で読売・小林誠司選手の打球はショートゴロ、ショートが併殺のためセカンドに送球し、アウトになる。

さらに1塁に転送しようとする2塁手に、1塁ランナーのビヤヌエバ選手が突進。野手の足を払うようにスライディングを行い、併殺を阻止した。

これを見た中日・与田剛監督が抗議し、ビデオ検証の結果「故意に妨害した」としてアウトに。危険なプレーを防止するためにアメリカで作られ、日本でも採用されている「コリジョンルール」が適用されたのだ。

番組では関口宏が、ルールについてフリップを見ながら説明した。


 

■「当然のプレー」と擁護

これを見た張本氏は「画を見ただけでは難しい」と前置きしたうえで、

「野手に向かっていってるでしょ、送球するときに野手に行けば、これはダメ。コリジョンルールと言ってね、去年アメリカから来たんですよ。あれまっすぐ行っとるからね、ランナーにいわせたら当然じゃないかというプレーなんだけどね」


と、走路上に2塁手がいたため、「故意ではないのではないか」とビヤヌエバ選手に理解を示す。VTRを見ると、2塁手の足元めがけてスライディングをしているようにも見えるのだが。

次ページ
■コリジョンルールに苦言

あなたにオススメ