杉村太蔵、桜田前五輪相を「被災地を軽んじる議員ではない」と擁護 優しさに称賛も

相次ぐ言い間違いと失言で職を追われた桜田義孝前五輪相。元議員杉村太蔵の見解は…

エンタメ

2019/04/14 15:00

国会議事堂
(Boomachine/iStock /Getty Images Plus)

14日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、杉村太蔵が辞任した桜田義孝前五輪相について、過去のエピソードを踏まえて擁護。さらに身体を心配する発言を行い、一部ネット民から称賛の声が集まっている。


 

■桜田前五輪相を擁護してきた杉村

番組では桜田義孝前五輪相が10日、「復興以上に議員が大事」などと失言した責任を取り辞任したニュースをVTRで紹介。

そしてスタジオに戻る前、「番組内で繰り返し擁護してきた杉村太蔵にいろいろ伺います」と嫌味とも取れるアナウンスが。出演者も批判を繰り返す中、杉村太蔵は、

「じつは私と桜田大臣はですね、師弟関係上司と部下の関係と言っても過言じゃなかった。私が初当選して配属になったのが厚生労働委員会。その時の厚生労働委員長が桜田さん、もう当時はキレキレ。


確かにあの当時から名前を間違えることは多かったんです。私のことも『だいぞう』と言っていた」


とエピソードを告白。その上で、

「これだけは。桜田義孝という人は被災地を軽んじるような政治家ではありません」


と、双方向から叩かれ「針のむしろ」となっている桜田義孝前五輪相を擁護した。


関連記事:生配信中におにぎり一気食いした女性が死去 息子のツイッター更新に反響

 

■健康状態を心配

さらに杉村太蔵は、

「私が本気で心配しましたのはね、就任してからこの半年間、国会の答弁や記者会見を見ても、質問の内容を理解できてない。大臣のメモを渡されても、ちょっと理解できてないような感じがあったんですよ」


と分析。さらに

「先週の金曜日(辞任後)桜田大臣の事務所に電話しましてね、『本当に心配してます』と。過度なストレスで睡眠時間も取れていない。年齢ももう間もなく70歳。『一度健康のチェックをしていただきたい』と。


高齢化社会になって、65歳からさらに長く働くような時代になってきたときに、一見わからないけども、どこかで身体の不調をきたしている方がいる」


と、辞任後の桜田義孝前五輪相に「身体のチェック」を勧めたことを明かした。

次ページ
■テリー伊藤が割り込み猛批判

あなたにオススメ