『イッテQ』髪宙吊りの危険企画 よしこを守った現地の人々に称賛の声

体重80キロの「ガンバレルーヤ」よしこを、髪の毛を命綱に宙吊りにする…危険な企画に現地の人々が騒然

エンタメ

2019/04/15 12:30

テレビカメラ
(RGtimeline/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

14日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、出演者の身の安全が保証できないとして、現地のパフォーマーらから番組の企画に「ガチNG」を出されてしまう一幕が。

現地の人々の懸命な働きかけに、視聴者から称賛の声が相次いでいる。


 

■髪の毛で吊るされるパフォーマンス

番組では、長い髪を上からワイヤーで吊るし、髪に全体重を預けて空中でパフォーマンスを披露する、ロシアの「ヘアハンギングパフォーマー」の女性のもとを訪問。

このパフォーマンスに、「ガンバレルーヤ」よしこが挑戦することとなったのだが、よしこの体重が80キロあると知った現場の人々は騒然。

「彼女は80キロあるんだろ? 怪我をするからやめたほうがいい」「何かあっても私たちは責任を取れない」と、これ以上の挑戦は許可できないと番組側に訴えた。


 

■通訳を依頼し必死の訴え

しかし、番組としてもこのまま引き下がれず交渉を続けていると、現場の男性がよしこに電話を差し出す。

ロシアで日本語ができる人物を探し出し、電話越しでの通訳を依頼したそうで「体重80キロでは危険。やめたほうがいいと伝えてほしいと言われた」と女性の声で懸命の説得が続けられた。

この事態を番組側も重く受け止めたようで、よしこの挑戦は断念。ガンバレルーヤの2人は安全な「ミュージックビデオ撮影」に臨む運びとなった。


■「ロシアの人々に感謝」

手を尽くして危険性を訴え、よしこを守ったパフォーマーや現場の人々に、視聴者から称賛の声が相次いでいる。

「80キロを髪の毛で吊るされるのは危険すぎるだろ誰が考えても…挑戦する前に何とかならなかったのかな」


「ロシアの人たちがいい人で良かった」


「そんだけ言われるんだから本当にヤバいんだろうな…」


出演者が大怪我をするような事故が起これば、番組自体も危うくなってしまう可能性もあり、番組ファンからは感謝の声も。

企画は1つ断念したものの、「世界の果て」を思わせる絶景の数々やガンバレルーヤのユーモアなど、ロシアでのカレンダー企画には大反響が寄せられている。昨年「新弟子」として加入した2人の今後のさらなる活躍に期待が高まる。

・合わせて読みたい→宮川大輔「ホンマに大好き」な女性芸能人の寝顔を激写 「癒やされる…」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ