誹謗中傷を投稿して憂さ晴らし? SNSに悪口を書き込む人の特徴とは

いつでも気軽にアクセスできるSNS。日ごろの愚痴を書き込んでしまう人もいるはずだが…。

ライフ

2019/04/16 12:00

SNS悪口
(moodboard/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマートフォンが普及し、多くの人々がSNSを利用するようになった。本来SNSは、情報収集や人の近況を確認するなど、ユーザーとのつながりを楽しむためのツール。

しかし、サービスによっては匿名アカウントでも利用可能なため、リアルの世界ではとても口に出せないような理不尽な誹謗中傷や悪口コメントを見かけることもある。

そんな心無い一言を書き込んでしまった経験がある人は、どれくらい存在するのだろうか。


 

■悪口を書き込んだ人は2割以下

しらべぇ編集部が、全国10〜60代のSNSユーザー男女895名を対象に調査したところ、全体の16.5%が「SNSに悪口を書き込んだことがある」と回答した。

SNS悪口

なお、男性では17.0%、女性は16.2%と、大きな差は見られず、いずれもかなり低い割合ではある。ただし、SNS利用者全体からすると少ない人数であっても、彼らが執拗に炎上投稿を行っている可能性は否めない。


関連記事:生配信中におにぎり一気食いした女性が死去 息子のツイッター更新に反響

 

■30代男性に一体何が…

この調査結果を、男女年代別に見ていくと…

SNS悪口

もっとも割合が高いのは、30代男性で32.4%とダントツ。20代女性が25.4%と続いた。男性は特に30~50代が同世代の女性と大きく差をつける結果となった。

経験率のため、年代が上がるほど割合が高くなる傾向はあるものの、仕事でも責任ある立場となっているはずの30代男性が3割以上もSNSに悪口を投稿しているのは、やや意外な結果だ。


■悪口のネタを探す傾向が?

さらに、「SNSに悪口を書き込んだことがある人」でゴシップ好きな人の割合を男女別に見ていくと…

SNS悪口

ゴシップが好きな人は男性30.1%、女性21.5%と、嫌いな人に倍の差をつけ、男女ともにゴシップ好きが多いようだ。悪口を書き込む人は、日々のストレスを発散するため刺激的な出来事を探し、SNSで憂さ晴らしをしているのかもしれない。

・合わせて読みたい→加藤浩次、散髪代に悩む貧困家庭に「1000円で切れますよ?」 発言が物議を醸す

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)