アンゴラ村長、性を武器にする女芸人を批判 「芸人として終わっていって…」

『ブステレビ』にゃんこスター・アンゴラ村長が「女を武器にする女芸人」を批判。ストイックな一面に驚きの声があがる。

アンゴラ村長

15日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)に、にゃんこスターのアンゴラ村長が出演。性を武器にする女性に対して持論を語った。


 

■集団の中では「女を出さないように」

番組では、集団で紅一点になった女性たちのあるあるについてトークを展開。アンゴラ村長は、紅一点の状況になったときは「(女性であることを)気づかせないようにわざと低い声を出したりとか、女を出さないようにしている」と語る。

紅一点な状況になることによって、男性たちがよこしまな気持ちで近づいてきているのがわかるとし、飲み会でも「本当はカルーアミルクを飲みたくても瓶ビールとか頼むようにしています」とあえて男性らしさを出しているようだ。


関連記事:生配信中におにぎり一気食いした女性が死去 息子のツイッター更新に反響

 

■「性を武器にしたくない」

さらに、芸人としてのあり方についても「性とか女のことで笑わせるのがちょっと…」「性を武器にしたくない」ときっぱりと断言し、そういったネタで笑いをとる女芸人を見て「自分を戒めてる」と語る。

そして、「紅一点ブスの女芸人の行く末」というトークテーマでは、女芸人は1,000円でライブが楽しめることからアイドルより敷居が低いとし、ファンに体を寄せて写真を撮るサービスをしている女芸人が増えて純粋なお笑いファンがいなくなると主張。

その結果、何を言ってもウケてしまい、ネタが面白いかつまらないかがわからなくなるとしまうと危惧する。「肌を露出するコントをしたり、下ネタを言って喜ばせたりってなっちゃうから、どんどん芸人として終わっていって最終的に辞めちゃうんじゃないかな」と厳しい言葉を放った。

次ページ
■ネットでは厳しい声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ