LINEが新サービス『LINEノベル』発表 文学賞『令和小説大賞』応募もスタート

『トラペジウム』大ヒットの高山一実がアンバサダー就任の想い明かす。

エンタメ

2019/04/16 19:30

LINEノベル

LINE株式会社は16日、都内で新サービスとなる『LINEノベル』及び『令和小説大賞』発表会を開催。特別ゲストとして乃木坂46メンバーの高山一実も出演した。


 

■LINEノベルは今夏スタート予定

LINEノベル

LINEノベルは、LINEスタンプやLINE漫画に続くLINEの新サービス。文芸作品を中心とした『LINE文庫』と、ライトノベル中心の『LINE文庫エッジ』という2つのレーベルを新たに作り、出版社の枠組みを超えた小説プラットフォームを提供するのが狙い。

『ソードアート・オンライン』や『とある魔術の禁書目録』などを担当した三木一馬氏が統括編集長を務め、今夏からサービスを開始予定だ。


関連記事:新元号「令和」で18年生まれの人に心配の声 「R18生まれになっちゃう…」

 

■新たな文学賞『令和小説大賞』

高山一実

LINEノベルの発表に伴い、LINE、日本テレビ、アニプレックスの3社は、3社共同による新たな文学賞として『令和小説大賞』を設立。

作品は本日16日より応募開始となり、大賞受賞者には賞金300万円と作品の映像化の権利が贈答される。締切は2019年9月30日、大賞の発表は2020年の春頃を予定している。

次ページ
■乃木坂46・高山一実からエール

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ