免許制を導入するべき? 自転車運転者の安全意識が低すぎると感じた瞬間4選

重大事故続出にもかかわらず減ることのない自転車の危険運転。免許制にしてみるべき?

ライフ

2019/04/17 10:00

自転車
(David_Sch/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

4月から新生活となり、通勤・通学に自転車を使い始めた人もいるのでは。免許なしで手軽に乗ることができて非常に便利な自転車だが、昨今は重大事故が増加している。

2017年には女子大学生(当時)が左手にスマホ・片耳にイヤフォンで走行した状態で女性とぶつかって死なせる事件が発生し、世間に衝撃を与えた。自転車に乗る人間の「安全意識の低さ」が社会問題化している。


 

■自転車を免許性にするべきだと思う?

安全性に危機感を抱く人からは「免許制にするべきだ」との声もある自転車。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,664名に「自転車」について調査したところ、4割が免許制に賛成と回答している。

死亡事故も発生しているだけに、「このままではよくない」と考えている人が多いのだ。


 

■免許性にしてほしいと思う瞬間4選

どのようなときに「自転車も免許制にしてほしい」と感じるのか。複数の人に聞いてみた。

①信号無視

「車で通勤しているときに赤信号で止まったら、横を走っていた自転車が堂々と信号無視して直進していった。たまたま歩行者がいなかったから良かったが、一歩間違えれば大事故。信号の意味を知らないのかな」(40代・男性)


②人混みにもかかわらず歩道を爆走

「人の多い歩道にもかかわらず、ベルを鳴らしながら蛇行する自転車がいた。本来車道を走るものだし、混雑した歩道を走るなんてもってのほか。ああいう人間を取り締まってもらいたい」(30代・女性)


■ながらスマホに怒る人も

③無灯火

「夜間なのにライトをつけない自転車が結構多い。運転者が死ぬのは自己責任だからいいけど、他人を巻き込む人身事故を起こされたらと思うと腹が立つ」(20代・男性)


④ながらスマホ

「スマホを持ちながら運転する人間が凄く多い。若者だけではなく、中年もよくやっている。前を見ずに突進されて、危うく交わしたこともある。


自転車の『ながらスマホ』は禁止されているはずだけど、取り締まる様子を殆ど見たことがない。事実上野放しになっていると思う」(50代・男性)


重大事故が多発し社会問題化しているにもかかわらず、安全意識の低い自転車ユーザーが多くいる現状。免許制導入の可能性は低いが、議論していくべきかもしれない。

・合わせて読みたい→安全意識が低すぎ! 音楽を聞きながら自転車に乗る人間に危険を感じた瞬間3選

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ