『ヒルナンデス』放送トラブルに視聴者爆笑 「東京03」は何と読む?

『ヒルナンデス』にて、つるの剛士がゲストの名前を誤って紹介してしまうトラブルが発生。彼が「東京03」を何て読んでいたかというと…


 

■視聴者も爆笑

つるのと飯塚のやりとりに、多くの視聴者も爆笑。

「03」は確かに「ゼロスリー」とも読めるが…まさかの言い間違えに、おもわず吹き出してしまった視聴者も多かったようだ。


関連記事:売春グループ、リーダー逮捕で運営実態に驚愕の声 「集客力が…」「地道やん」

 

■名前を間違えられたら…

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名を対象に「名前の呼び間違え」について意識調査を実施したところ、「名前を間違えられても指摘しない」と答えた人は、全体で約3割という結果に。

大半の人は、飯塚のように名前の間違いを指摘しているようだ。

芸能生活25周年のつるのの、まさかのアクシデント。それを瞬時に「笑い」に変えることのできる飯塚の手腕や、「ヒルナンデスファミリー」の温かさが垣間見える出来事であった。

・合わせて読みたい→加藤浩次、散髪代に悩む貧困家庭に「1000円で切れますよ?」 発言が物議を醸す

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)