夢は愛車と世界一周旅行? 日本を飛び出してツーリングしてみたいライダーの割合は…

今では男性のみならず、女性も大きなバイクにまたがりツーリングをしている姿をよく見かけるようになったが…

ライフ

2019/04/20 09:00

バイク
(mihtiander/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

もうすぐ5月。ライダーにとってこの季節は気温がちょうどよく、ツーリングに行こうと計画している人も多いはず。

絶景ポイントや温泉が楽しめる観光地など、全国各地を旅するには最適な場所がそろっている日本だが、そろそろこの国を飛び出してバイクで世界を一周してみたいと夢見ている人も中にはいるのではないだろうか。


 

■世界一周を望んでいるのは約1割

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の9.9%が「バイクで世界を一周してみたい」と回答した。
バイク

なお、男性は12.5%、女性は7.5%と、ライダーが多いイメージの男性が女性を5ポイント上回る結果に。


 

■やはりツーリングは男のロマン?

今回の調査結果を男女年代別でみていくと…

バイク

どの年代も男性が女性より割合が高いことが見て取れる。その中でもっともバイクで世界一周を夢見ているのは、20代男性であることが判明。

小型であれば16歳から免許を取得することが可能であるため、早ければそのくらいの年齢からバイク乗りになっている人もいるだろう。20代は10代のころよりもお金に余裕が出てくる時期だ。憧れの車種を購入し、愛車とともに思い出を作りたいのだろうか。


■お金はあるが時間がない?

年収別に見てみると、やはり高所得者は割合が高くなるようだ。
バイク

すでに世界一周のための費用は蓄えているのかもしれないが、高所得者となれば仕事もかなり忙しくなるだろう。「お金はあるが時間がない」ため、まだ夢でとどまっている可能性もあると考えられる。

・合わせて読みたい→駐車料金惜しさに無断駐車したことある? マナー違反は年収に影響する傾向も

(文/しらべぇ編集部・ほうき

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ