車に戻ったら駐車料金10,000円の請求 その理由に「ドンマイです…」

都内のコインパーキングに約6時間ほど駐車し、戻ってきたら…。ありえない金額が請求されてしまったワケとは

駐車料金が惜しい
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ギタリスト・モト冬樹の妻でミセスモデルの武東由美が、コインパーキングの駐車料金として10,000円を請求されたことをブログで告白。その理由に同情の声が相次いでいる。


 

■「上限なし」の駐車場に停めていた…

武東由美
(画像は武東由美公式ブログのスクリーンショット)

18日、「駐車料金10,000円って悲しい!」のタイトルでブログを更新した武東。「平日は上限がない駐車場に停めてしまいました」と、領収書の写真とともに報告した。

上限…つまり最大料金が設定されているコインパーキングであれば、料金が最大額に達した時点で加算が停止し、制限時間までは料金が加算されない。長時間利用する際には、こういった料金体系のコインパーキングを選ぶべきだったのだが…。


関連記事:上原さくら、免許証の写真が「老婆のよう」だと愕然 「多分これが本物…」

 

■「ごめんなさい」と猛省

そのコインパーキングには午後1時前から夜7時頃までのおよそ6時間駐車していたそうで、「駐車料金」としてしっかりと10,000円請求されてしまっている。「上限なし」のため、どんどん利用料が加算されていってしまったようだ。

料金システムをあまり確認していなかったのか、はたまた曜日を勘違いしていたのだろうか…武東はブログで「ごめんなさい」とつぶやき、ショックを隠しきれない様子。

次ページ
■「ドンマイです…」と同情の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ