市バスが暴走し歩行者8人死傷 事故状況に「場所が最悪…」と悲鳴相次ぐ

兵庫県神戸市JR三ノ宮駅付近で市営バスが横断歩道を渡る歩行者8人を次々とはねる事故が発生。

社会

2019/04/21 20:30


 

■「もう外歩けない」と悲鳴相次ぐ

多くの死傷者を出した白昼の大事故に、ネットは「明日は我が身」「怖すぎる」と騒然。また場所が繁華街だっただけに、「どうしてまた三ノ宮で…」と悲痛の声も上がっている。

「どうしてまた三ノ宮で…。神戸市で一番の繁華街で暴走とか怖すぎる」


「横断歩道が青だったとか、もうどうしたらいいのか分からない」


「歩行者はどう気をつけたらいいのか…。怖くてもう外歩けない」


「明日は我が身としか言いようがない。用心を重ねていても起きるときは起きる」


関連記事:免許制を導入するべき? 自転車運転者の安全意識が低すぎると感じた瞬間4選

 

■半数以上「危険運転の経験あり」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の普通免許を持っている男女1,077名に「危険運転」について意識調査を実施したところ、半数以上が「していたと思うことがある」と回答。なかでも60代男性にその傾向が顕著に表れた。

19日には、東京都豊島区池袋で赤信号無視の自動車が通行人をはね、死者2人を出す事故が発生。その矢先に今回の事件ということもあり、ネットには改めて自動車運転の危険性を説く声も見られた。亡くなられた方のご冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→『モニタリング』男女の密着行為が映り込み騒然 「放送事故」「ヤバい…」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年7月20日
対象:全国20代~60代の普通免許を所持している男女1,077名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)