『集団左遷』福山雅治の3枚目役に賛否 「男前すぎて違和感」「阿部寛のほうが…」

21日ドラマ『集団左遷!!』の放送が開始され、福山雅治の演技が話題に。ネット上では「変顔がいい」などの声の一方、「阿部寛でもいけた」との声も。

エンタメ

2019/04/22 13:45

福山雅治が熱血サラリーマンを演じるドラマ『集団左遷!!』(TBS系)の初回が21日に放送された。

福山が見せた体当たりな演技に、驚きを隠せない視聴者が続出している。



 

■頑張らなくていいんです!

福山演じる銀行員の片岡洋は情に熱い「the サラリーマン」。50歳を目の前にして支店長へ昇任するも、赴任先は廃店が決定している「蒲田店」だった。

喜びも束の間、上司は片岡に対して「頑張らなくていい」と一言。「廃店が決定した際は本部に戻し優遇する」という特例を受ける。

人生で初めて「頑張るな」と言われて困惑する片岡だったが、頑張る部下の姿を見て、「頑張る」ことを決意。部下とともに、巨大組織の理不尽に立ち向かう。


関連記事:母・工藤静香のレシピを見事に継承 木村家長女の手料理に驚きの声

 

■ましゃがアツい!

なんだかんだでとにかく「頑張る」福山雅治。普通のマンションでご飯を食べ、大田区の土手を全力疾走し出勤。上司と部下の板挟みで困惑すると、かわいらしい「顔芸」を連発する。

さらに支店長としての出勤初日、融資していた会社の社長がいなくなるというトラブル発生。支店長にも関わらず、若手銀行員と社長を探すハメになる。

次ページ
■「福山雅治」のイメージを崩壊

この記事の画像(1枚)