暴走行為で逮捕の17歳少年、手錠つけたまま逃走 「出頭時の格好」に注目集まる

暴走行為を繰り返し、信号無視をしたとして逮捕された17歳少年。しかし、仲間が邪魔をした隙に逃げて…

社会

2019/04/22 19:30

騒音被害
(Corosukechan3/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

海老名を拠点に活動していた「バッドロブスター」など、平成が終わろうとしている今でも、バイクで暴走行為を行なう少年たちは存在する。

そんな中、暴走行為を繰り返したとして現行犯逮捕された17歳の少年が、手錠をつけたまま逃走するという事件が発生。ネット上で注目を集めている。



 

■手錠をつけたまま逃走

報道によると、事件が起きたのは21日未明。場所は栃木・足利市だ。

この日、少年はバイクで信号無視するなどの暴走行為で、警察によって現行犯逮捕。しかし、手錠をつけられパトカーに乗せられそうになると、少年の仲間が警察の邪魔をし、そのすきに少年は手錠をつけたまま逃走した。


関連記事:暴走族、旗に書かれた文字に衝撃 「字が…」「強制加入より気になる…」

 

■手錠をつけたまま出頭

しかし、その5時間後、少年は知人の男性に付き添われ、手錠をつけたまま出頭。勇んで逃げたものの、手錠を自力で外すことはできなかったようだ。

また、邪魔に入った仲間のひとりも、現行犯逮捕されることになったという。

次ページ
■「手錠外せなかった?」「足かせが必要」