ドクター中松、「令和」のマーク、「令和」握手、「令和」スマイルを発明

「ピョンピョンシューズ」など個性的な発明で知られる国際創造学者のドクター中松氏が、「令和」に関する発明を発表。

エンタメ

2019/04/23 12:30

ドクター中松

2005年にはイグノーベル賞を受賞し、世界的に名前が知られている発明家のドクター中松氏が、国が「発明の日」と定めた18日、東京医科歯科大学内のレストランで新元号「令和」に関する新発明の会見を開いた。


 

■マークをデザイン

中松氏はまず、「令和に関する発明」として、「一瞬だけ見せますよ」と、大きな「数字のゼロ(零)」の中に「マル(輪)」を書いた図柄をかざした。

令和に限らず、元号として認識されるにすぎない商標は、「識別力がない」として商標登録を受けることができないが、「令和の図柄」は特許庁に申請済みだという。

さらに、2つの丸の中心に数字の1が書かれたものを示した。中松氏によれば令和元年を表現したものであると説明。「令和という漢字を書かなくても、令和を表現できる。漢字が書けない人にも書けるし、外国人にも分かる。令和元年が一目瞭然」と得意そうに語った。

ドクター中松

中松氏は、この「令和」マークの発明に30の意味を込めたとして、5月1日までに解答を応募すると発表し、20の意味までは「特別に」公表した。30全ての意味を答えた人に「天才賞」を授与すると明言した。


関連記事:新元号「令和」で18年生まれの人に心配の声 「R18生まれになっちゃう…」

 

■「手」で表す令和とは

ドクター中松

また、手で「令和」を現す形を発明したと言い、


①手話で「令和」を表現するときに使う


②相手との挨拶に使う(握手の代わりに使う)。


③喜びを表現する(バンザイの代わり)


④写真撮影に使う(「レイワー」と言いながら)


と説明した。


■「はい、チーズ」の代わりに…

ドクター中松

またさらなる発明として、写真撮影の時、「チーズ」と言う代わりに「レイワー」と言うことも発表。

会見では、CNNが地上波で流したドクター中松氏のショートドキュメンタリーを流し、最後には「なかよしクラブの歌」を合唱し終わった。

・合わせて読みたい→指原莉乃、新元号発表の瞬間にファン騒然 「テンションが…」

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ