加藤浩次、『コナン』ネタバレ騒動にまさかの発言 「正論すぎて笑った」の声

SNS上で映画『名探偵コナン』のネタバレ行為が続出。加藤浩次の意見に賛否が相次いだ。

観たい映画の話を何気なく人に話したら、「その映画のオチは…」とネタバレされてイラッとした経験はないだろうか。

このことについて、23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)での加藤浩次の発言が話題になっている。


 

■SNSで『コナン』ネタバレが続出

番組では、SNSで続出している「強制ネタバレ」について特集。ユーザーがツイッターに現在公開中の映画『名探偵コナン 紺青の拳』を観に行くとつぶやくと、見知らぬユーザーから「犯人は○○です」とネタバレされてしまったという。

また、「今から観に行ってくる!」というつぶやきに対して、「行ってらっしゃい!」と普通のやりとりをしながらも、そのユーザー名が「名探偵コナンの犯人は○○」とネタバレアカウントといったケースも。推理モノの映画ということもあり、犯人をバラされるのは迷惑極まりないといえる。


 

■「観に行くって言う必要ある?」

これを受け、フリーアナウンサーの高橋真麻は「信じられないです。これは製作者に対しても失礼」と怒りをあらわにした。

しかし、加藤はネタバレをするユーザーについて「完全な愉快犯」と不快感を示しつつも、そもそもツイッターに映画を観に行くことを報告するユーザーに「『コナン観に行く』って言う必要ある?」と疑問を呈する。

スタジオからは「それはある」と爆笑とともに総ツッコミが入ったが、加藤はそもそもSNSに自分の行動を書くことが理解できないようで、「俺はないなあ…」「(SNSなど)何にも見ないで『コナン観に行きます』とも言わずにふらっと行けばいいだけじゃないの? ダメ?」「人間の行動として、『今から○○行きます』って言う必要あるの? 大人なのに」と感想を漏らした。

次ページ
■ネットの反応は…

あなたにオススメ