宇垣美里「活動の幅を広げていきたい」 目標は『超合金・宇垣』になること?

「TAMASHII NATIONS TOKYO」オープニングセレモニーに遠藤憲一と宇垣美里が登場。

宇垣美里、遠藤憲一

25日に「TAMASHII NATIONS TOKYO」オープニングセレモニーが開かれ、ゲストとして俳優の遠藤憲一とフリーアナウンサーの宇垣美里が登場。

WEBムービー撮影や、アニメ・フィギュアについて語った。


画像をもっと見る

 

■未来人エン=ケン、似合いすぎ!?

遠藤はWEBムービー内のキャラクター「未来人エン=ケン」の衣装、そして宇垣は赤いワンピース姿で登場。

宇垣美里、遠藤憲一

あまりにも似合いすぎな「未来人」姿に、宇垣は「似合ってらっしゃいます」と笑いながら褒める。

WEBムービーの撮影を振り返り、遠藤は「秋葉原ってすごい。この格好でもすんなり街に入って、普通に撮影できる。生まれて初めてメイドカフェ入ったけど、かわいい女の子が『永遠の17歳です!』って。本当はいくつなのって聞いても、最後まで『永遠の17歳』。退店する時はハートマーク突き出してきて、よっぽど俺から見れば未来人でした」と苦笑い。


関連記事:元TBSアナウンサー宇垣美里 肩書の変化に「私って何なんでしょうね」

 

■つらいときは『セーラームーン』

「アニメ好き」で知られる宇垣は、今も1クール2〜3本の新作を追い、好きな作品の劇場版を見にいく生活をしているとか。

宇垣美里

「つらいときに『セーラームーンR』を見ると元気が出る」といい、「今日、控室に大好きな『コードギアス』のフィギュアが置いてあって。すごく興奮して…羽までちゃんと、エナジーウイングがついて! すごいテンションでずっと遊んでました」と明かす。

「2次元のものが立体になると、興奮もひとしお。同じ世界線で生きてる。同じ空気、3次元に居られるのがフィギュアの良さ」と熱く語り続ける宇垣に、遠藤は「話の半分何を行ってるのかわからない」と呆れ気味に。


■遠藤憲一フィギュアの出来栄えは…

イベント内では、非売品の「未来人エン=ケン」フィギュアが披露され、その出来栄えに2人ともびっくり。

遠藤憲一

「こんなに似るんだ、すごい!」と本人が驚く完成度で、宇垣も「エンケンさん持ってる、私」と呟く。

宇垣美里

「いつか私もエンケンさんみたいに『超合金・宇垣』を作ってもらえるよう、活動の幅を広げていきたい」と決意する宇垣に、遠藤は「今日いっぱい押しとけば、すぐ作ってくれるよ」とアドバイス(?)。

すかさずスタッフに向けて「作って欲しいなぁ〜」とおねだりしていた。

・合わせて読みたい→顔が良くてもやっぱり恋愛対象外? 異性の闇が深いと感じる瞬間4選

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(15枚)