松岡茉優、女優生命の危機か? その性格に「数年で消えます」と専門家が警鐘

松岡茉優が『ホンマでっか!? TV』に出演。評論家から、女優生命の危機を説かれる一幕があった。

松岡茉優

女優の松岡茉優が、24日放送のバラエティー番組『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演。評論家から、女優生命の危機について説かれる一幕があった。


 

■撮影初日の前に飽きてしまう

番組中盤、松岡は「仕事もプライベートも準備をしすぎて、本番を迎える頃には疲れ果ててしまっている」と悩みを相談する。

衣装が決まり、台本の内容も頭に入っている状態で、映画やドラマの撮影現場に向かうのに腰が重くなるという。友人との約束も3日以上先だとその日が来る前に飽きてしまうそうだ。


関連記事:のん・大野いとの2ショット 元GMTの仲良し写真に「いだてんにも出て」の声

 

■「女優として数年で消える」と警鐘

また、松岡は学生時代から、誰もいない教室や踊り場で過ごすなど、ひとりを好んでいたという。

脳科学評論家の澤口俊之氏によると、単独生活を好む人は人口の数パーセントしかおらず、社会・文化を作っていく貴重な存在と言われているそう。そのため、松岡には今後さらに伸びる可能性があるという。

しかし、現段階のままだと失敗してしまう恐れがあるらしく、「女優として数年で消えます」と警鐘。「想定外のことに出会う機会を増やさないと、脳が発達していかない」と説明した。

次ページ
■ネットでは松岡に共感の声

あなたにオススメ