板野友美、ショートパンツ姿でUSJに出没 一緒にいた相手は…

美脚をあらわにしたショートパンツルックで、USJを訪れていた板野友美。彼女と楽しいひとときを過ごしていたのはやっぱり…?

元「AKB48」のメンバーで歌手の板野友美(27)が、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れたことをインスタグラムで報告。

美脚があらわになったオフショットへの反響もさることながら、「一緒にいた人物」にも注目が集まっている。


 

■USJに寄り道

板野は24日に自身のインスタグラムを更新し「大阪に行ったのでUSJに寄り道」したことを報告。

美脚が際立つショートパンツスタイルに、スヌーピーのかぶりものをしたキュートなオフショットを公開した。

キャラクターのオブジェやカラフルな風景、多くの人々が行き交う中でも、写真から伝わるその存在感は圧巻である。


 

■「ともちん」と一緒にいたのは…

板野友美/島崎遥香
(画像は板野友美公式Instagramのスクリーンショット)

そんな板野と「USJ」を楽しんでいた1人は、同じく元AKB48の「ぱるる」こと島崎遥香(25)。プライベートでも仲の良いふたりは「ちんぱる」の愛称で親しまれており、無邪気な笑顔が印象的だ。

また、投稿にはモデル・大石絵理(25)との写真も添えられており、美人揃いのなんとも華やかな「寄り道」である。

次ページ
■「めっちゃ楽しそう」「かわいい…」

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ