ベビーカー押す母親を足蹴りした男 「留年してむしゃくしゃ」との動機に非難轟々

千葉県JR我孫子駅のホームでベビーカーを押す母親の足を蹴った私立大学4年の男が逮捕された。

社会

2019/04/27 06:45

ベビーカー
(stevanovicigor/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

千葉県内の駅のホームで、男が30代女性を暴行する事件が発生。卑劣なやり口とその動機に、ネットからは非難が相次いでいる。


 

■「留年してむしゃくしゃ」

暴行の疑いで逮捕されたのは、茨城県取手市に住む私立大学4年の男(27)。男は午前9時15分ごろ、同県内JR我孫子駅のホームで、2歳の女児が乗ったベビーカーを押していた30代女性を、後ろから足蹴りしたという。

母親が近くにいた駅員に被害を訴え、事件が発覚。男は調べに対し、「留年してむしゃくしゃしていた」と容疑を認めているとのことだ。


関連記事:内縁妻の4歳長男を暴行した男たち 「憂さ晴らしの結末」に怒りの声

 

■「自分のせいだろ」と非難殺到

男の非道な犯行に、ネットは怒り心頭の様子。「自分のせいだろ」「最悪の憂さ晴らし」などと非難が相次いでいる。

「留年なんてそもそも自分のせいだろ。なに人に当たってんだ」


「よりにもよって小さい子供がいる母親とは…。最悪の憂さ晴らしだな」


「一歩間違えれば、線路に転落することもある危険な行為」


「本当に誰でもよかった? どう考えても、弱い人を狙ったんでしょ」


■留年経験者は1割

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,361名を対象に「留年経験の有無」について調査を実施したところ、「ある」と答えた人は全体で11.3%。20代男性に一番顕著で、およそ5人に1人という結果に。

留年

留年という明らかな自身の過失を、他人へのおぞましい暴力に転化した男。線路に転落するなどの大ごとになっていた可能性も十分にあっただけに、「むしゃくしゃしていた」では当然済まされないだろう。

・合わせて読みたい→広がって歩く男3人組を注意したところ…  想像を絶する「仕打ち」に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ