菅本裕子、SNSの誹謗中傷に憤り 「被害者が声を上げるのが悪な訳ない」

インフルエンサーとして人気のタレント「ゆうこす」こと、菅本裕子がツイッターで投稿した言葉に反響が寄せられている。

エンタメ

2019/04/27 06:15

菅本裕子
(画像は菅本裕子ツイッターのスクリーンショット)

HKT48の元メンバーであり、現在は実業家・インフルエンサーとして若者を中心に絶大な支持を得ているタレント「ゆうこす」こと、菅本裕子。

26日に自身のツイッターを更新し、「被害者が声を上げるのは悪!となっている風潮は、おかしいなと思います」と、誹謗中傷する者に対しての訴えが反響を呼んでいる。


 

■反論すると「同情買いたいの?」

表舞台に立つ人間は特に、心ない言葉やあえて傷つけるような言葉で攻撃をされることも少なくない。菅本自身もそういったコメントが送られてきているのだろう。

それらの言葉に対して「相手に刃物を向け突き立ててるのと同じだよ」と発信すると、一部の人から「同情を買いたいの?」「インフルエンサーが晒すのは酷い!」と言われるようだ。


関連記事:上原さくら、免許証の写真が「老婆のよう」だと愕然 「多分これが本物…」

 

■「被害者が声を上げるのは悪! と…」

この言葉に、「痴漢された人に『痴漢です!と多くの人がいる電車の中で大声で叫ぶのは、痴漢した人がかわいそう!スルーすればいいじゃん!』と言ってるようなものだよ」「被害者が声を上げるのは悪! となっている風潮は、おかしいなと思います」と綴っている。

次ページ
■「完全にDVなんです」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ