板倉俊之、令和も平成も関係なし! 「本気出してねぇのかよって思われる」

「超将棋supportes byタカラレーベン」のブースにてトークショーが開催され、インパルス板倉俊之・中村太地七段・谷口由紀女流二段が登場。将棋について熱く語った。

集合写真

4月27日・28日に千葉・幕張メッセで開催されている「ニコニコ超会議」。

その中で巨大な『人間将棋』を行なっている「超将棋supportes byタカラレーベン」のブースにてトークショーが開催され、インパルス板倉俊之・中村太地七段・谷口由紀女流二段が登場。将棋について熱く語った。


 

■何を言ってもいい?

ニコニコ超会議内では珍しく、生配信が行われなかったこのトークショー。それを聞いた板倉は「じゃあ…何をいってもいいんですね」とニヤリと笑う。

インパルス・板倉俊之

ブースで行われている「人間将棋」は、名前の通り人間が将棋駒になるもの。板倉は「なんかいいですよね、人間を…人権を奪うような。尊厳を奪うような、いいですね」とまさかの感想を漏らす。


関連記事:『ねほりんぱほりん』プロになれなかった元奨励会員登場 現在の職業に驚きと安堵の声

 

■人間将棋は気を使う?

3人とも人間将棋は棋士として経験済みだと明かし、板倉が行なったのは炎天下の野外だったため「コマの人たちが(持っている)コマの日陰に入るくらい。こう動かしたいけど、あのおじさん疲れてるな、動かさないほうがいいなって…」と体調を気遣う状態だったとか。

インパルス・板倉俊之

暗黙の了解として「全員動かす」必要がある人間将棋。動きたくない顔のおじさんの一方で、「俺を動かしてくれ!」と見つめる香車の若者がいたり…と将棋以外に頭を悩ませるそう。

プロの2人も、やはり人間将棋は感情が入ると同意する。

次ページ
■飛車が!?

この記事の画像(13枚)


あなたにオススメ