越谷市のイオンレイクタウンで22名が負傷 消防本部に聞いてみた

越谷市のイオンレイクタウンで、スプレーのようなものが撒かれて22名が負傷した。

話題社会

2019/04/30 06:00

スプレー
(Анатолий Тушенцов/iStock/Getty Images Plus)

29日の午後7時頃、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで、スプレーのようなものが撒かれて22名が負傷した。ゴールデンウィーク中に起こった突然の出来事。越谷市消防本部を取材した。


 

■カフェの店内で噴射

現場は、イオンレイクタウンmori内の二階にあるナナズグリーンティーというカフェ。ゴールデンウィークで賑わう現場は騒然となった。消防には「店内でスプレーのようなものが撒かれた」という第一報が入った。

救急車3台を含む、消防車両計11台が現場に駆けつけた。現場での負傷者合計22名で、この内2名が独協医科大学埼玉医療センターに搬送された。一部報道では、5名が病院に搬送されたという情報があるが、消防本部によると、正確には搬送者は2名とのことだ。

しらべぇ編集部の取材に対し、イオンレイクタウンmoriは「この件に関して現在分かっていることがなく、対応できない」と回答。現場が相当混乱していたことが伺える。午後9時現在、現場では消防は全て撤収し、警察がこの件のいきさつについて調べている。


関連記事:GW中も休めない? 授業を実施している大学にその深層を聞いてみた

 

■ネット上も騒然

ゴールデンウィークの只中であり、さまざまな店舗が集まる場所とあって、現場近くには数多くの人が訪れていたようだ。SNS上では「すぐ近くにいた」といった書き込みも散見される。


■いたずら目的でも許されない


スプレーのようなものを撒くという悪質行為は決して許されない。ゴールデンウィークで賑わうこういった場所では、普段より混雑しているため、一層混乱が起きやすい。今後警察による捜査が進んでいくことで、全容が解明されることだろう。

消防車両が11台出動して、負傷者22名を出した責任は極めて重い。

・合わせて読みたい→従業員とバイトが「タイヤにキック」など悪質動画投稿で逮捕 イエローハット広報に聞いた

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ