ゴールデンウィーク中盤の事件・事故で通行止めや電車トラブルも 現場を取材した

楽しいはずのゴールデンウィークに事件・事故が多発。現地の消防本部や警察隊に話を聞いた。

話題社会

2019/05/02 18:30

交通事故
(Kwangmoozaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ゴールデンウィーク中盤に入り、各地で事件・事故が相次いでいる。事故の影響で高速道路が通行止めになったり、事件の影響で駅の開業が遅れたりと、レジャーの移動にも影響が出ているようだ。


 

■交通事故が多発

2日午前4時57分頃、常磐道広野インターから約100メートル付近で、下り車線を走行中の車が中央分離帯を乗り越えて上り車線の車に正面衝突した。

双葉地方消防本部と福島県警高速交通警察隊に取材したところ、この事故で乗用車が炎上したため、消防車10台、救急車6台が出動し、現場で消火活動と乗員の救出活動を行ったという。

衝突した2台の車には、4名づつの合計8名が乗車。救急隊が現場に到着した時には、1名に意識がなく、2名が意識混濁状態だった。事故に遭った8名全員が双葉郡内やいわき市内の病院に搬送されたが、搬送後、横浜市内に住む大学生の死亡が確認された。

この影響で一時、常磐道の広野・四倉間が通行止めに。現在は、通行止めは解除されており、高速隊が引き続き事故原因について調べている。


関連記事:指原莉乃、生放送で流れた14歳当時の姿に衝撃 「放送禁止じゃなかったの?」

 

■横須賀市や秋田でも…

神奈川県横須賀市内でも、1日午後11時頃、パトカーに追跡された乗用車が交通標識の支柱に衝突し炎上。乗っていた男性は死亡し、女性は意識不明の重体だ。

また、2日午前7時40分頃には、秋田県仙北市の玉川キャンプ場で車が燃えているという通報が秋田県警田沢湖交番に入った。警察が駆けつけたところ、焼け跡から二人の遺体が発見された。

次ページ
■京都の駅ではトラブルが

あなたにオススメ