GACKTが番組で本名を公開 スタジオからも「知らなかった」と驚きの声

謎の包まれたマレーシア・クアラルンプールでの生活も話題に。

エンタメ

2019/05/03 05:00

歌手のGACKTが2日、フジテレビ放送の『直撃!シンソウ坂上 2時間SP』に出演。その知られざる私生活とともに、まさかの本名が明らかになり、ネット上で話題を集めている。


 

■マレーシアでのセレブ生活にビックリ

マレーシアのクアラルンプールに住み、私生活はベールに包まれているGACKT。同番組ではそんなGACKTの暮らしぶりに密着取材を行い、彼が買い物を行う様子や、現地で手がける不動産ビジネス、恋愛観などを紹介。

高級葉巻店で120万円相当の買い物を行った際に取り出したカードの名義から、本名が「大城ガクト」であることが判明した。


関連記事:『ダウンタウンなう』GACKT、死んでもいいほど愛した彼女と別れた理由明かす

 

■「本名だったの?」と驚きの声

以前から「本名説」が囁かれていたGACKTだが、スタジオからは「ガクトって本名なの?」と驚きの声が。ネット上でも「知らなかった」「岡部学じゃなかったっけ?」と、様々な意見や感想が飛び交う事態となった。


■本名を使わない人の割合は…

「ガクト」が本名であることにも驚きだが、本名を使うか偽名を使うかは何も芸能人に限った話ではないだろう。しらべぇ編集部が全国20代~60代のLINEユーザー544名を対象に調査を行ったところ、およそ3人に一人が「本名ではない」と答えている。

名前は立派な個人情報であり、そこから得られる情報も少なくない。初対面やネット上で知り合った人物と連絡先を交換する時、なんとなく躊躇ってしまうこともあるだろう。

ネット時代に堂々と本名を名乗って生活するのは、意外と大変なことなのかもしれない。

・合わせて読みたい→中川翔子、免許証公開も本名が「斬新すぎる」と話題に 改名考えた過去も明かす

(文/しらべぇ編集部・びやじま

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代 LINEユーザー男女544名