笠井信輔アナ、『バイキング』本番中に携帯電話を鳴らす 失態に呆れる声が続々

『バイキング』内でベテランの笠井信輔アナが…

エンタメ

2019/05/03 18:00


 

■ネット民から厳しい声

番組では「笑い話」として処理された笠井アナのミスだが、ネット民からは「ありえない」「ベテランアナウンサーとは思えない」など、苦言を呈す声が相次いでいる。


関連記事:ダブル不倫中の女性に悲劇 彼が隠していた「まさかの秘密」に絶句

 

■ミスは誰にでもあるが…

本番中に携帯電話を鳴らしたことに加え、「『とくダネ!』のスタジオでは電波が入らない」と言い訳をした笠井信輔アナ。その振る舞いは、「見苦しい」といわれても致し方ないものだった。

ちなみにしらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,348名に実施した調査では、「言い訳」をすると「許す気がなくなる」人が一定数存在していることがわかっている。

言い訳1

最も初歩的なミスを犯し、共演者から「レッドカード」と酷評されてしまった笠井アナ。ミスは誰にでもあるものだが、視聴者はその後の対応を含め「ベテランアナウンサーとは思えない醜態」と見たようだ。

・合わせて読みたい→職場いじめで休職した女性 復帰後にいじめ傍観者の男が告げた「まさかの一言」に絶句

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)