笠井信輔アナ、『バイキング』本番中に携帯電話を鳴らす 失態に呆れる声が続々

『バイキング』内でベテランの笠井信輔アナが…

エンタメ

2019/05/03 18:00

他人のスマホ
(©ぱくたそ)

3日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、笠井信輔アナウンサー(56)が本番中に携帯電話を鳴らすハプニングがあり、苦言を呈す視聴者が相次いだ。


 

■本番中に携帯電話を鳴らす

問題のシーンは、スポーツにおけるビデオ判定の有無について議論が進められている場面で発生。スポーツライターで元東京ヤクルトスワローズ選手の青島健太氏が話を始めようとした際坂上忍が、

「ちょっと待ってください。今なんか『ピンポン』って鳴りましたよ」


と指摘。すると笠井アナはズボンのポケットからスマートフォンを取り出し、

「携帯電話の電源を切り忘れていました。申し訳ありません」


と事実を認め謝罪した。


 

■釈明し謝罪するも…

坂上忍は笠井アナに対し、「ピンポンって鳴ったら、笠井さんがピクっ(となった)。今、証拠隠滅しようとしませんでした?」とツッコミ。すると同アナは、

「『とくダネ!』のスタジオは電波が入らないんですよ。んで、ついつい…」


と釈明し、「申し訳ありません」と一礼する。これに坂上は「そんな言い訳は通じません」と斬り、青島氏も呆れたように「レッド(カード)ですよね」と呟いた。

次ページ
■ネット民から厳しい声

あなたにオススメ