AAA・宇野実彩子が意外な悩みを告白 「まわりからイライラされる」

『有吉ジャポン』に登場したAAA・宇野実彩子が「意外な悩み」を告白し有吉弘行らを驚かせた…

 

■スポーツスタッキングでは

3ヶ所に3個・6個・3個と重ねたコップを使い、山状に積み上げ再び元の状態に戻す「スポーツスタッキング」でも宇野は大慌て。たどたどしい手付きでなんとか終了するも、元の状態に戻したはずのコップは4ヶ所に。

事前に実演してみたタイタン社長・太田光代氏も同じような結果になり「失格」になっていたことから、「失格。54歳の社長と同レベル」との評価を受けた。


関連記事:15歳年上の上司から愛の告白 その内容に恐怖をおぼえてしまう

 

■ファンはギャップに…

アーティストとして、多くのファンを魅了するダンスを披露してきた宇野だったが、自己申告どおりの「運動音痴」ぶりを見せつけた。しかし、そのギャップも含めてファンからは温かい言葉がかけられている。


■運動音痴は「体育の授業が苦痛」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の運動音痴の男女454名を対象に調査したところ、8割以上が「体育の授業が嫌だった」と回答している。

体育が嫌い

運動音痴を証明した宇野も、体育の授業が嫌いなひとりだったかもしれない。それでも、今ではそのギャップさえもファンは受け入れている。運動音痴も宇野の個性であり、大きな魅力といったところか。

・合わせて読みたい→国民的美少女・井本彩花が球児にエール 「運動神経のなさがバレた」と照れ笑い

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ