奨学金だと明かすと友人の態度に変化が… 「自分の出が悲しい」と嘆く女性に声援

奨学金をもらっていることを友人に明かしたところ、嫌味を言われたり、ランチに誘われなくなったという。

人間関係

2019/05/05 07:00

ぼっち
(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

給与がなかなか上がらないこのご時世。嘆いている社会人も多いだろうが、その子供たちもまた、経済的に苦境に立たされている。

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。


 

■奨学金は馬鹿にされる対象?

この春から大学に進学したという投稿者。学費はすべて奨学金なのだが、そのことを何気なく友人に話したところ、少し嫌なことを言われたり、ランチに誘われないなど、対応に変化が生まれてしまったという。

これに対し、投稿者は「国立大にすべて落ちてしまった自分が悪いのですが」と全額奨学金になってしまったことに自分の責任はあると言いつつも、「大学に入ってここまで世の中はお金持ちの家が多いのかと驚きました」「自分の出が悲しくなってきました」と胸の内を吐露。

そして、他のネットユーザーに対し、「奨学金は、やっぱり馬鹿にされる対象なのでしょうか?」と投げかけたのだった。


関連記事:飲み会の会計で悩む大食漢の女性 「少し多めに払う」にネットの声は…

 

■「馬鹿になんかされない」と声援

この投稿に対し、他のネットユーザーからは「半分以上が奨学金だよ」「恥ずかしくなんかない」などの声援が。

「半数以上が奨学金だよ。 合わない人と無理にいることない。 次いってみよう!」


「されないよ〜。私は逆に奨学金借りてない人があいついいな〜みたいな感じだったイメージ、全額とまではいかなくても奨学金借りてる人多かったよ」


「そんな友達とは離れたらいいよ」


「馬鹿にするやつはアホや。気にしないこと」


奨学金を受け取っていることで、対応に変化が生まれるのはおかしいと感じたようだ。

次ページ
■「気を遣ってるだけでは」の声も

あなたにオススメ