こじらせすぎ? 「変わっている」を褒め言葉ととらえる人の特徴とは

「変わっている」は、あまり褒め言葉として使われない。しかし一部の人は、言われてうれしく思うようだ。

ライフ

2019/05/06 17:20

こじらせ
(EugeneEL/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

周囲と比べて個性的だと言われるのは、十分な褒め言葉である。しかし「変わっている」と言い換えると、一気に批判的な言葉に変わるから不思議なものだ。


 

■「変わってる」と言われて喜ぶ人は少ない

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「周囲からの評価について」の調査を実施し。

「変わっている」と言われるとうれしく思うグラフ

「『変わっている』と言われるとうれしく思う」と答えた人は、全体で19.3%と少ない割合であった。


関連記事:ダブル不倫中の女性に悲劇 彼が隠していた「まさかの秘密」に絶句

 

■中二病をこじらせた人が喜ぶ言葉

性年代別では、男女ともに10代が一番多くなっている。

「変わっている」と言われるとうれしく思う性年代別グラフ

他人と少しずれている感性で喜ぶのは、中二病の感性だとの意見も。

「『変わっている』と言われて喜ぶのは、中二病をこじらした感性そのものだと思う。まっとうな大人であれば、『変わっている』と言われれば不快感しかないだろうから」(20代・男性)


実際に中二病を自称している人は、「変わっている」と言われるのがうれしいようだ。

「私はサブカル気取りで、いまだに中二病をこじらせているので、『変わっている』は褒め言葉でしかない」(20代・女性)

次ページ
■周囲は褒めていないけれど…

この記事の画像(3枚)